最新おすすめの日程調整ツール比較16選!ビジネスに使えるポイントも徹底解説

JicooJicoo
2023年7月6日(木)
目次
  • 1. 日程調整ツールとは
    • - 日程調整ツールを使うメリット
    • - 日程調整ツールを使って効率化できる日程調整
    • - 日程調整ツールを比較する際のポイント
  • 2. 仕事・ビジネスに使える国内の日程調整ツール【無料・有料】
    • - Jicoo
    • - Timerex
    • - eeasy
    • - Spir
    • - 調整アポ
    • - アイテマス
    • - Tocaly
  • 3. 海外の日程調整ツール【無料・有料】
    • - Calendly
    • - You can book me
    • - Hubspot
    • - Cal.com
    • - Clockwise
  • 4. 個人・プライベート利用におすすめの日程調整ツール【無料】
    • - 調整さん
    • - LINEスケジュール
    • - トントン
    • - 伝助
  • 5. 日程調整にメールが必要となる場合には
    • 6. 日程調整ツールが向かない日程調整とは
      • - 個人的な都合が優先する場合
      • - 優先順位が決まっていない場合
      • - 緊急を要する場合
      • - 機密性が高い場合
    • 7. まとめ
      • 8. Jicoo(ジクー)について

      日程調整ツールの導入を検討しているが、どのツールを使ったらいいのか悩んでいませんか?

      近年では、さまざまな日程調整ツールがサービスとして提供されているので迷いますよね。

      日程調整ツールによって特徴や強み、使いやすさなどが異なるため、しっかり比較検討したうえで選ぶことが大事です。

      そこで本記事ではビジネス向けで豊富な機能がある国内の「Jicoo」「Timerex」「Spir」、海外の「Calendly」「You can book me」、主にプライベート利用向けでシンプルな「調整さん」「伝助」「LINEスケジュール」「トントン」「アイテマス」などの日程調整ツール全16ツールを紹介してきます。

      本記事を読んで自分に合ったツールを選びましょう。

      日程調整ツールとは

      日程調整ツールは電話やメールでのやりとりをシステムで自動化して効率化できるツールです。

      日程候補の書き出しや、確定した際のカレンダー登録、また、リマインドメールなど手間がかかる内容を効率化することができます。

      PCやスマホで簡単に設定することができて、すぐに利用することができるのが特徴です。

      日程調整にはプライベートを中心に利用ができる調整さんなどのツール、ビジネスにおいて無料で利用が可能なアイテマスなどのツール、無料でも利用可能で有料にするとさらに便利になるJicooなどのツール、海外で有名なCalendlyなどのツールがあります。

      こちらの記事では代表的なツールを紹介することにより、自分にあったツールを見つけることができます。

      日程調整ツールを使うメリット

      ツールを利用するメリットは下記のようなポイントです。

      • 候補日程の抽出や登録などを自動化できる
      • 手作業などのミスを防ぐことが可能
      • 複数人以上の調整であっても手間が変わらない
      • 調整業務にかかる時間を削減できる

      電話やメールでのやりとりでは発生するような不要な調整業務を日程調整ツールによって大きく手間を削減することが可能となります。

      ダブルブッキングなどの心配もいらないので、安心して本来必要な時間い集中することができます。

      日程調整ツールを使って効率化できる日程調整

      ツールを使って日程調整をする利用シーンは、以下のようなものがあります。

      会議や打ち合わせなどのスケジュール調整

      会議や打ち合わせの日程調整は、多数の参加者がいる場合には非常に複雑な問題となります。ツールを利用することで、参加者全員の都合を簡単に確認できるため、スムーズな調整が可能となります。

      イベントの日程調整

      イベントを開催する場合、参加者の都合に合わせた日程を設定することが必要です。ツールを利用することで、参加者全員の都合を調べる手間を省くことができます。

      チームのスケジュール調整

      チームで仕事を行う場合、メンバーのスケジュールを調整することが必要です。ツールを利用することで、メンバー全員の都合を確認し、スケジュールを調整することができます。

      プライベートな予定の調整

      ツールは、ビジネスだけでなく、プライベートな予定の調整にも利用できます。例えば、友人との食事や旅行の計画など、複数の人が関わる予定を調整する場合に利用することができます。

      日程調整ツールを比較する際のポイント

      • 仕事・ビジネス利用かプライベートでの利用か
      • 無料プランや有料プランで必要な機能が備わっている
      • PCやスマートフォンなど普段使っているデバイスで利用できる
      • 操作がシンプルか

      日程調整ツールはそれぞれに特徴があります。ご自身の目的にあったツールを見つけましょう。

      仕事・ビジネスに使える国内の日程調整ツール【無料・有料】

      ビジネスシーンや新規の予約受付など幅広いシーンにあわせて有料プランを備えているツールを紹介します。

      無料でも十分利用することができるツールが多いですが、有料プランもあるツールを使えば、社内外の打合せやミーティング調整業務が効率化することができ、ダブルブッキングを防止するようなことができます。

      Jicoo

      Jicoo(ジクー)は電話やメールでの予定調整を効率化できるチームの日程調整を自動化する無料サービスです。

      Jicooには以下の特徴があります。

      • Google カレンダー、Office365予定表とのカレンダー連携
      • Zoom、Slack、Google Analytics連携などのアプリ連携
      • 予約ウィジェット埋め込み、ロゴの変更、メッセージのカスタマイズなどスムーズなUXを実現する機能
      • 複数人日程調整、担当者自動割当、カレンダー週表示など有料の機能
      • 無料プランあり(フリープラン)
      • 有料プランは月額880円(税込)から

      カレンダーツールを含め様々なアプリと連携をすることが可能となっているためシームレスな連携が可能となっています。

      Jicooは無料プランでほとんどの機能が利用できます

      また、複数人の日程調整、担当者自動割当、カレンダーの週表示などの機能を利用できますので、チームで日程調整ツールを利用する場合に有料プランを検討しましょう。

      Timerex

      Timerex(タイムレックス)登録者数30,000人を超えるほど人気の日程調整ツールで、様々なビジネスシーンおける日程調整を効率化してくれます。

      Timerexには以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Teamsと連携可能
      • 無料プランあり(フリープラン)
      • 有料プランは月額750円(税抜)から

      カレンダーツールだけでなく、Web会議ツールとも連携可能なので、社内外の打合せが多い人には大変便利です。

      Timerexは無料プランのままでも使い続けることができます。1対1での調整やプライベートでの利用なら無料プランでも十分でしょう。

      チーム・ユーザー管理や複数人での日程調整が必要な場合などは有料プランにする必要があります。チームの規模に合わせて料金プランを検討しましょう。

      Timerexを紹介している記事をあわせてご確認ください。
      日程調整ツールTimeRexの使い方・導入方法を初心者にわかりやすく徹底解説!

      eeasy

      eeasy(イージー)は東証一部から有名ベンチャーまで1万社もの企業に利用されている日程調整ツールです。

      eeasyは以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Google Meets、Teamsと連携可能
      • APIでシステム連携も可能
      • 無料プランあり
      • 有料プランは月額935円(税込)から

      上記の通り、複数のカレンダーツールとWeb会議ツールと連携できます。その他にもAPIでシステム連携も可能なので、様々な業務をより効率化できるでしょう。

      月間の調整回数が6回未満なら無料プランのまま利用できます。6回以上調整する場合は、有料プランとなりますが、何回調整しても定額のままなので安心です。

      eeasyを紹介している記事をあわせてご確認ください。
      eeasyが便利!複数人との日程調整を効率化!日程調整ツールの使い方を初心者向けに解説!

      Spir

      Spir(スピア)は、「リモートワークの日程調整を簡単に」をモットーに日程調整から予定の管理を容易にしてくれるツールです。

      Spirは以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Google Meetsと連携可能
      • 無料プランあり(個人プラン)
      • 有料プランは月額6,600円(税込)から

      上記の通り、各種カレンダーツールとWeb会議ツールとの連携が可能となってます。

      個人間での調整であれば無料プランでも基本機能を十分利用できます。複数人やチームでの調整をしたい場合は有料プランを検討しましょう。

      spirを紹介している記事をあわせてご確認ください。
      無料で調整タイプが多様なSpirで日程調整を効率化しよう!日程調整ツールの使い方を解説!

      調整アポ

      調整アポは、「日程調整がコピペで終わる」をモットーに、WEB会議・打合せ前の日程調整を効率的におこなってくれる法人向けツールです。

      調整アポには以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Google Meets、Teamsと連携可能
      • その他Salesforce、Slack、Chatwork、Google Chat、RECEPTIONISTと連携可能
      • 料金プラン等の詳細は資料請求が必要

      上記の通り、カレンダーツールやWeb会議ツールだけでなく、その他チャットツールや営業支援ツールとの連携も豊富です。

      RECEPTIONISTは同社が運営しているクラウド型の来社受付システムのことで、調整アポと連携すれば、来社予定の顧客との調整や会議室の予約などがよりしやすくなります。

      外部ツールとの連携なツールを求めているなら大変おすすめです。

      アイテマス

      アイテマスは、会員登録がいらずに利用を開始することができるビジネス向けの日程調整ツールです。

      アイテマスの特徴をご紹介します。

      • Googleカレンダー連携っ機能
      • Zoom、TeamsのURL自動発行
      • 無料で利用可能

      無料プランのみとなっているため、有料のみで提供している機能はないので安心して利用できます。

      個人で運営をしているツールになるため、法人が提供しているようなしっかりとしたサポートが必要な場合は注意が必要です。

      Tocaly

      TocalyはUIを特徴としている日程調整ツールです。

      簡単なデザインでGoogleカレンダーと連携して利用することが可能となっており、無料で使用することができます。

      株式会社TimeTreeが開発をしているため、カレンダーサービスの知見を活かしているツールとなっています。

      会員登録もすぐにできるため、無料でまずはじめてみることに向いているツールです。

      海外の日程調整ツール【無料・有料】

      Calendly

      Calendly(カレンドリー)世界中で1,000万人以上のユーザーがいて、2億もの日程調整に使われているという実績ある海外の日程調整ツールです。

      Calendlyは以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表、iCloudと連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Google Meetsと連携可能
      • Slack、Intercom、Facebookピクセル、GoogleAnalytic等についても連携可能
      • 無料プランあり(Basicプラン)
      • 有料プランは月額8ドルから

      GoogleカレンダーとOutlook予定表は連携できるツールが多いですが、iCloudと連携できるツール多くないので、1つの強みと言えます。その他にもFacebookピクセルやGoogleAnalyticsなど連携できるツールが豊富です。

      Calendlyには無料プランがあります。有料プランにすると、グループでの日程調整やメール通知、その他連携ツールの増加など利用できる機能が追加されます。

      海外でもよく使われるツールなので、海外とのやり取りが多いならおすすめです。

      Calendlyを紹介している記事をあわせてご確認ください。
      Calendlyが便利!たった1分で日程調整できる無料の使い方とは

      You can book me

      You can book me」はイギリスの会社が2011年からサービスを開始している海外の日程調整ツールです。

      「You can book me」には以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • Web会議ツールはZoom、Google Meetsと連携可能
      • GoogleAnalytic、Slackについても連携可能
      • 無料プランなし(14日間の無料トライアル期間)
      • 有料プランは月額10ドル(税抜)から

      カレンダーツールやWeb会議ツール、その他外部ツールとの連携は豊富です。無料プランは残念ながらありません。

      海外にはユーザーが多く、日程調整ツールとして有名なので、海外のユーザーや顧客と調整するならおすすめです。

      You can book meを紹介している記事をあわせてご確認ください。
      YouCanBook.meで日程調整を効率化しよう!使い方を初心者にわかりやすく徹底解説!

      Hubspot

      CRMプラットフォームとして有名なHubspotでは、営業支援ツールの「Sales Hub」内に日程調整機能があります。

      日程調整ツールとしては以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表と連携可能
      • HubSpot CRM、G Suite、Salesforceについても連携可能
      • 無料プランあり
      • 有料プランは月額5,940円(税込)から

      日程調整ツールとしてだけではなく、各種営業支援ツールとの連携が豊富なのは他社ツールと比べて大きな強みです。

      その他コンタクト・取引・タスクの管理、ドキュメント共有など営業活動を促進する機能が多数用意されてます。

      営業活動上、日程調整をすることが多い場合は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

      Cal.com

      Cal.comはオープンソースのツールで、メールのやりとりを省いて、簡単にアポイントメントを予約したり、ミーティングをスケジュールすることができます。

      日程調整ツールとしては以下の特徴があります。

      • Googleカレンダー、Outlook予定表など全てのカレンダーと連携可能
      • リマインドなどのワークフローを構築できる
      • 個人の利用は無料
      • 有料プランは月額$12〜

      Clockwise

      ClockwiseはAIによりスケジュールを最適化してくれるツールです。会議やタスクを考慮しながら時間の効率化を提案してくれます

      日程調整ツールとしては以下の特徴があります。

      • Googleカレンダーと連携をしてタスクをブロック
      • フォーカスタイムなど業務の配分を設定
      • Freeプランでの利用が可能
      • 有料プランは月額$6.75〜

      個人・プライベート利用におすすめの日程調整ツール【無料】

      ここからは具体的に完全無料の日程調整ツールをご紹介致します。

      ビジネスシーン・プライベートにおいて、ミーティングや新規のアポイント、イベントなどの調整に活躍するツールです。

      無料で利用することができるので手軽に使い始めることができます。

      調整さん

      調整さん 日程調整

      調整さんは、リクルートホールディングスから2006年にリリースされて以降、2,500万人ものユーザーが利用してきた実績を有する日程調整ツールで、以下のような特徴があります。

      • ログイン不要
      • 会員登録も可能
      • 専用アプリ不要
      • パソコンとスマホから利用可能

      URLをメンバーに送るだけで日程調整が簡単にできるツールです。

      ログインや専用アプリのダウンロードは必要ありませんが、会員登録によって作成したイベントの管理が可能となります。

      調整さんを紹介した記事
      初めての日程調整ツール「調整さん」の使い方を徹底解説!仕事の生産性を高められる3つの理由とは?

      LINEスケジュール

      Lineスケジュール 日程調整

      LINEスケジュールは、チャットツールで有名なLINE株式会社が運営するツールで、以下のような特徴があります。

      • 専用アプリ不要
      • LINEアカウントがあれば日程調整が可能
      • LINEでイベントの「作成」「回答」「確認・管理」が可能

      LINEスケジュールでは、LINE内でイベントを作成・回答・確認ができ、別途ツールをインストールする必要がありません。

      LINEを普段使っている人にとっては、日程調整しやすいツールといえます。

      LINEスケジュールを紹介した記事:
      ビジネスでも使える!LINEスケジュールの特徴や日程調整の方法を徹底解説

      トントン

      トントン 日程調整

      トントンは、「打合せや飲み会の予定がトントン拍子に決まる」をモットーに手軽に日程調整が可能なツールで、以下のような特徴があります。

      • 会員登録不要
      • 専用アプリ不要
      • ケータイ版も有り
      • パスワード設定もあり

      主催者側がイベントを作成し、URLを送られた参加者が候補日を選択するだけなので、操作が簡単です。主催者がイベントを作成する際にはパスワードを設定する機能もあります。

      トントンを紹介した記事
      トントンはどんな日程調整ツール?特長や口コミを徹底解説

      伝助

      伝助 日程調整

      伝助は、株式会社インフォアローが10年以上にわたり運営されている老舗の日程調整サービスで、以下のような特徴があります。

      • 会員登録不要
      • 専用アプリ不要
      • パソコンとスマホから利用可能
      • パスワード設定も可能

      会員登録やログインの必要がないので、個人情報の入力をすることなく利用を気軽に始めることができます。

      主催者側でカレンダーをクリックしてイベントページを作成し、出欠確認は参加者が候補日のボタンを押すだけです。

      パスワードはイベントを閲覧するページに任意で設定することが可能です。

      伝助を紹介した記事
      「伝助」でスケジュール調整をはじめよう!日程調整での使い方を徹底解説

      他にも色々なツールを紹介しているので、こちらの記事も参照ください。

      【無料・有料18選】日程調整ツール・スケジュール調整サービスのメリットとは?ツールを全18サイト徹底紹介!

      日程調整にメールが必要となる場合には

      ビジネスでやりとりをする相手によってはツールが不向きな場合があります。その場合には、日程調整をメールでやりとりする必要が出てきます。

      日程調整メールで相手とやりとりをする際には相手に不安を抱かれないようにスムーズなやりとりを求められています。

      日程調整メールはある程度定型化することができますので、事前にフォーマットを確認した上で、用途にあわせたメールを作成することができます。

      【文例あり】日程調整メールの書き方と返信のコツとは?ビジネスを成功させる日程調整について解説!

      日程調整ツールが向かない日程調整とは

      ツールが向かない日程調整の利用シーンとしては、以下のようなものがあります。

      個人的な都合が優先する場合

      ツールは、多数の人の都合を調整するためのものであるため、個人的な都合が優先される場合には向いていません。例えば、個人的な予定が重なっている場合には、自分自身の都合を考慮して調整する必要があります。

      優先順位が決まっていない場合

      ツールは、多数の人の都合を優先度に基づいて調整するためのものであるため、優先順位が決まっていない場合には向いていません。例えば、優先順位が必要なタスクやプロジェクトのスケジュール調整には、別の手段が必要となります。

      緊急を要する場合

      ツールは、多数の人の都合を確認するために時間がかかる場合があります。そのため、緊急を要する場合には、直接参加者と連絡を取り、調整を行う必要があります。

      機密性が高い場合

      ツールは、インターネット上での情報共有を前提としているため、機密性が高い情報については利用できません。例えば、秘密のプロジェクトのスケジュール調整など、機密性が高い場合には、ツールを利用することはできません。

      以上のような利用シーンでは、ツールを利用することが向かない場合があります。その場合には、メールなど別の手段を利用する必要があります。

      まとめ

      日程調整 ツール比較

      今回は人気の国内・海外の日程調整ツール全16ツールを中心に紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

      いずれも無料で利用でき、使いやすいツールなのでおすすめです。ツールを利用すれば日程調整作業をより効率的におこなえるでしょう。

      ツールによって、使いやすさや機能に差があるので、しっかり比較検討したうえで選ぶことが大事です。

      国内・海外の日程調整ツールなども含めると、選択肢がたくさんありますので、本記事を参考として、自分に合ったツールを選んでみてください。

      Jicoo(ジクー)について

      日程調整ツールを導入すると業務効率化に多くのメリットがあります。どの日程調整ツールが良いか選択にお困りの方は、まず無料で使い始めることができサービス連携や必要に応じたデザインのカスタマイズなどの機能も十分に備わっている日程調整ツールの導入がおすすめです。

      ビジネスの日程調整を自動化する「Jicoo(ジクー)」はGoogleカレンダー、Outlookカレンダーなど複数のカレンダーを接続して無料ですぐに利用を開始でき、ZoomやTeams、SlackやSalesforceなどのよく使われているサービス連携がもれなくカバーされています。また予約ページのデザインも複数のレイアウトから選択できるため使っていて楽しくなる日程調整ツールです。

      JicooのWebサイトはこちら。法人・チームへの導入に関してのお問い合わせはこちらのフォームから行う事ができます。

      日程調整ツールを活用した導入事例も参考にしながら自分にあった日程調整ツールを導入しましょう。

      チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

      Jicoo(ジクー)は日程調整からWeb会議URL発行、キャンセルやリマインドなど予約管理まで、個人・法人のミーティングを効率化し自動化する日程調整ツールです。
      法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
      シェア