テレワーク・リモートワークではメンタルヘルスが不調になる?ストレスなく仕事を進める対策5選

2022年1月11日(火)
目次
  • 1. リモートワークの課題はメンタルヘルス?ビジネスマンがストレスを感じる原因
    • - モチベーションの喪失
    • - コミュニケーションの変化
    • - 仕事環境が従業員頼み
  • 2. メンタルヘルスは自己管理しよう!リモート環境でストレスを減らす5つのテクニック
    • - リモートワークの良し悪しを理解する
    • - 仕事をする環境を整える
    • - 運動習慣を身につける
    • - 自分のスケジュールをつくる・公開する
    • - 心配事を専門家に相談する
  • 3. リモート環境でメンタルヘルスケアをするメリットとは?
    • 4. メンタルヘルスケアでリモート環境を味方に!
      • 5. Jicoo(ジクー)について

      リモートワークが普及するなかで「なんだか精神的に落ち着かない」と感じてる方も多いのではないでしょうか。

      生活様式の変化により、漠然とした不安を感じてるビジネスマンも少なくありません。

      そして本記事では、メンタルヘルスの管理方法を詳しく解説していきます。漠然とした不安の原因を理解し、自己管理をおこなうことでリモートワークのメリットを最大化できるでしょう。

      また、なぜメンタルヘルスを気にかけるべきなのかを理解できるはずです。

      リモートワークの課題はメンタルヘルス?ビジネスマンがストレスを感じる原因

      リモート メンタルヘルス ストレス

      まずはリモートワークの課題とも言える、メンタルヘルスを崩してしまう原因を紹介していきます。

      生活様式が変化したことで、ビジネスマンが漠然とした不安を感じる理由は次の3つです。

      • モチベーションの喪失
      • コミュニケーションの変化
      • 仕事環境が従業員頼み

      ストレスを感じている方も原因を理解し、メンタルヘルスを崩してしまうのも無理はないと考えていきましょう。

      モチベーションの喪失

      リモートワークでメンタルヘルスを崩してしまう1つ目の理由が、モチベーションを喪失してしまっているというものです。

      新しい生活様式には作業効率が上がるというメリットがあるとされていますが、モチベーション維持が難しいというデメリットもあります。

      出勤する必要がない、人に見られていないといった状況で、「なんとなく緊張感に欠けている」という方も多いのではないでしょうか。

      非常に小さなことですが、自身のモチベーションの管理が難しい状況にあるのです。

      コミュニケーションの変化

      コミュニケーションが変化したことも、メンタルヘルスを崩してしまう要因の1つです。

      会社によって文化はさまざまですが、特に和気あいあいと仕事をしていた方ほど、コミュニケーションが不足していることに敏感です。

      リモート環境下では、なにげない会話をすることが難しくなっています

      コミュニケーションツールが数多く用意されていますが、「上司や先輩の邪魔をしてはいけない」と感じてしまう方も少なくありません。

      コミュニケーションが変化し、仕事以外の会話をする場がなくなってしまったストレスで、メンタルヘルスを崩しすリスクが高まっているのです。

      仕事環境が従業員頼み

      手当を出すなどの方法で改善を図っている企業もありますが、仕事環境が従業員頼みになっている組織も少なくありません。

      会社の仕事環境と家庭の仕事環境を比較してみると、部屋がわかれていない、用意できるパソコンの画面が小さい、通信回線が不安定といった問題を抱えている従業員が多くいます。

      そして、このような仕事を阻害する小さな要因が、少しずつメンタルヘルスに影響を与えています。

      メンタルヘルスは自己管理しよう!リモート環境でストレスを減らす5つのテクニック

      リモート メンタルヘルス ストレス

      ここからは、メンタルヘルスを自分で管理する方法を紹介していきます。

      「会社が従業員の健康を管理すべき」という声も聞こえてきそうですが、残念ながら明確な方針が決まっている企業は多くありません。

      リモート環境でストレスを減らすテクニックを知り、自分の手でメンタルケアをおこなっていきましょう。

      リモートワークの良し悪しを理解する

      メンタルヘルスを自己管理する1つ目のテクニックが、リモートワークの良し悪しを理解することです。

      仕事効率化が期待されるリモートワークですが、対面でコミュニケーションをとれないというデメリットがあることも理解しておきましょう。

      「オンラインでの仕事にも難点がある」ということを知るだけで、過度な期待をせずにすみます。

      仕事をする環境を整える

      仕事をする環境を整えることも、自身のメンタルヘルスを保つ方法です。

      非常に小さなことですが、作業をする部屋を用意できていない状況では、仕事に没頭することが難しくなりがちです。

      そして、「なかなか仕事をするモードに切り替えられない」というモヤモヤが、仕事に集中できてない自分をを責めることに繋がってしまうこともあります。

      作業部屋を作るといった工夫1つで、余計なことを考えずに済む環境を作り出せます。

      運動習慣を身につける

      運動習慣を身につけることも、自身でメンタルケアをおこなう方法の1つです。

      できる限り決まった時間に、散歩やジョギングなどの軽い運動習慣をもつようにしましょう。

      ただし、疲労が溜まりすぎると、メンタルヘルスが崩れてしまうリスクがある点には注意が必要です。

      あくまでも仕事モードに切り替えるためのウォーミングアップという目的で、負荷を調整しましょう。

      出勤していた頃と同じ時間帯を選び、同じくらいの負荷を設定することで、スムーズに仕事モードに切り替えられます。

      自分のスケジュールをつくる・公開する

      メンタルヘルスを自己管理する4つ目のテクニックが、自分のスケジュールをつくる・公開するというものです。

      「まだスケジュールを公開する環境がない」という方は、上司に打診してみることをおすすめします。

      知っている方も多いと思いますが、チャットワークなどのコミュニケーションツールを用いれば、少額でスケジュールを公開できる環境を準備できます。

      自分のスケジュールをつくる・公開するという非常に簡単な方法ですが、上司や先輩に仕事の進捗を理解してもらうだけで気持ちを落ち着かせることができます。

      コミュニケーションがとりにくい状況では、周りの人たちに自分の仕事を知ってもらっていることが重要です。

      心配事を専門家に相談する

      自身でメンタルヘルスを保つ、最後の方法が心配事を専門家に相談するというものです。

      漠然とした不安でも、産業医などの専門家に話を聞いてもらうことが重要です。

      もちろん上司や先輩も、依頼すれば相談に乗ってくれるでしょう。

      ただし、上司や先輩は専門家ではないため、ただただネガティブな発言をするだけの時間になり、仕事の効率をさげてしまう危険が伴います。

      そのため、相談する相手を正しく選び、心配事は産業医などの専門家に相談するようにしましょう。

      正しい知識に裏付けられた回答を得ることで、精神的なゆとりを得られるはずです。

      リモート環境でメンタルヘルスケアをするメリットとは?

      リモート メンタルヘルス ストレス

      さまざまな見解がありますが、リモート環境でメンタルヘルスケアをおこなうメリットは、企業全体の業務効率化をすすめられることです。

      一見すると、従業員ひとりの問題と感じられますが、実は組織全体の業務効率に大きく関わっています。

      今現在、リモートの環境づくりに取り組んでいる方は、メンタルヘルスを保つため施策を用意されることをおすすめします。

      仮に利用する従業員が少なかったとしても、従業員が精神的なゆとりを感じれば、企業の取り組みを信頼します。

      そして、一度感じた安心感が波及し、多くの従業員が「しっかりした取り組みがおこなわれている」と感じるでしょう。

      このように従業員が安心を感じることで、仕事に向き合う姿勢が変化し、組織全体の一体感を生み出すことができるわけです。

      メンタルヘルスケアでリモート環境を味方に!

      リモート メンタルヘルス ストレス

      リモート環境では非常に小さな要因によって、メンタルヘルスを崩してしまう可能性があります。

      メリットが多いことも事実ですが、生活様式の変化によって多くのビジネスマンが日々ストレスをためてしまいがちです。

      そして、従業員個人はこのような事実を受け入れ、「仕事をする環境を整える」、「軽い運動をする習慣をもつ」といった方法でメンタルヘルスケアをおこないましょう。

      また、管理者はできるだけ早い段階で、従業員のストレスを減らす施策を準備されることをおすすめします。

      リモート環境でメンタルヘルスケアをおこなう用意をしておくことで、従業員が安心して働ける環境ができ、組織の作業効率をすすめられます。

      Jicoo(ジクー)について

      セールスや採用などのミーティングに関する業務を効率化し生産性を高める日程調整ツール。どの日程調整ツールが良いか選択にお困りの方は、まず無料で使い始めることができサービス連携や、必要に応じたデザインや通知のカスタマイズなどの機能が十分に備わっている日程調整ツールの導入がおすすめです。

      チームで使える無料の日程調整ツール「Jicoo」とは?

      Jicoo(ジクー)はGoogleカレンダー、Outlook、iCloudカレンダー等と接続して予定の空き状況をリアルタイムに取得!ダブルブッキングを確実に防ぎ日程調整を自動化します。 またチーム内での担当者割当やWeb会議のURL発行、キャンセルやゲストへのリマインド対応などの予約管理まで、個人と法人のミーティング業務を自動化し、チームの生産性を向上させる日程調整ツールです。
      予約ページを作成
      予約ページを作成
      予約可能な時間帯や提供サービスなど簡単な設定のみで予約ページを作成。
      URLを共有
      URLを共有
      メールやチャットツールで作成した予約ページのURLを共有して、日時を予約してもらいましょう。
      予約完了 / 予定自動登録
      予約完了 / 予定自動登録
      ゲストが都合の良い日時を選択すると予約完了。あなたのカレンダーに予定が自動で入ります。
      法人・チーム利用のお問い合わせ

      Jicooの導入事例

      Jicooを導入したスタートアップでの急成長の事例、大企業でのDXなど導入事例を紹介しています。セールスや採用、教育、コンサルティングなど様々な用途での業務効率化に利用されています。
      導入事例をすべて見る
      シェア
      SPACEMARKET