Googleカレンダー・Zoomと連携。ビジネスの日程調整を自動化するツール「Jicoo」
詳細

ZoomとGoogleカレンダーを連携してミーティング予約を効率的に!Google Meetとの比較までご紹介

Jicoo(ジクー)Jicoo(ジクー)
2021年11月7日(日)
目次
  • 連携したZoomとGoogleカレンダーの活用シーン
  • ZoomとGoole Meetの比較
  • まとめ
  • 日本語の日程調整自動化サービスの決定版「Jicoo」

連携したZoomとGoogleカレンダーの活用シーン

本章では、連携したZoomとGoogleカレンダーによる活用シーンを具体的に紹介していきます。

より効果的に利用できるようになりますので、連携を検討している人は活用方法を把握しておきましょう。

テレワークでツールを頻繁に使っているという人もぜひチェックしてみてください。

日本語の日程調整自動化サービス「Jicoo」-全ての機能が14日間無料

Googleカレンダーの日程登録時にZoomミーティングを設定

Googleカレンダー上でイベントを作成する際に、Zoomミーティングも設定して、ZoomのURLも同時に作成できます。

この機能を利用すれば、いちいちZoomを起動する必要がなく、Zoomミーティングの予約を効率的に行えます。

また、Googleカレンダー上において、ミーティングの日程を登録し忘れたり、日程を間違えたりすることも減るはずです。

ミーティングの設定をよりシームレスに行えるようになるでしょう。

ミーティングURLからミーティングに参加できる

連携により、Googleカレンダー上にミーティングのURLやID、パスワードが記載されます。

そのURLをクリックするだけでミーティングに簡単に参加できます。参加者がZoomに詳しくないという場合にも便利です。

参加者1人1人にミーティングの招待を送付する必要もなくなるため、業務効率化も期待できます。

Zoom上にてGoogleカレンダーの日程を登録

Zoom上からGoogleカレンダーの日程を同時登録することも可能です。

ミーティング予定を設定するのにGoogleカレンダーを起動させる必要がなくなります。

頻繁にミーティングの設定と日程の登録を同時に行うという人にとっては大変便利な連携機能と言えます。

ZoomとGoole Meetの比較

Zoomと同じく人気のWeb会議ツールとしてはGoogle Meetがあります。

テレワーク環境を整えるにあたって、どちらのツールを導入すべきか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

本章では、それぞれのツールを検討している方向けに性能・機能面を比較していきたいと思います。

以下はZoomとGoogle Meetの比較表です。

※2021年10月時点

ZoomGoogle Meet
Web会議
Web会議の参加人数最大100人(無料プラン)最大100人(無料プラン)
Web会議の時間制限最大30時間(無料プランで3人以上の会議は40分まで)最大24時間(無料プランで3人以上の会議は60分まで)
ファイルの送受信
チャット
画面の共有
録画〇※有料プランから利用可能
バーチャル背景
Googleカレンダー連携
料金プラン(税抜)基本:月額無料プロ:月額2,000円
ビジネス:月額2,700円
企業:月額2,700円
Googleアカウント (無料):月額無料Basic:680円
Basic Plus:1,360円Enterprise:3,000円

上記の通り、いずれもWeb会議ツールとして基本性能に優れており、無料プランでも十分使いやすいことがわかります。

ただ、料金プランによって会議の参加人数や時間制限、その他機能なども変わってきますので、用途や使用人数などを考慮して導入を決めたいところです。

次にZoom、Google Meetそれぞれのメリットについて解説していきます。

Zoomを利用するメリット

Zoomは、無料プランでもチャットや画面共有、バーチャル背景といったWeb会議に必要な機能を幅広く利用できます。

録画機能はGoogle Meetだと有料プランでないと利用できませんので、無料で利用できるZoomは大きなメリットと言えそうです。

加えて、有料ライセンスが必要とはなりますが、ウェビナー機能に優れており、参加人数が100人~10,000人まで、といったように大規模な会議にも対応可能。

挙手や質疑応答といった独自の機能も備えており、参加者からの意思表示がしやすくなってます。

セミナーや講演を実施する企業には大変便利な機能と言えます。

Google Meetを利用するメリット

Google Meetはアプリケーションをインストールするタイプではなく、ブラウザ上にて使用するため、導入が簡単です。

また、Google製ということもあり、他の各種Googleアプリケーションとの連携がしやすいというメリットがあります。

Googleアプリケーションを中心に業務を行っているような現場は業務効率化が期待できるでしょう。

Zoomと比べると、有料プランが安くてあまりコストをかけずに導入がしやすいこと、3人以上のミーティング時の時間制限が60分と長いというのも大きなメリット。

加えて、会議のURLやIDを25種類の記号・10文字のコードを生成した上で発行する仕組みとなっており、セキュリティの強さに定評があります。

第三者による不正利用をきちんと防ぎたいという人にとってもおすすめのツールと言えるでしょう。

まとめ

今回はZoomとGoogleカレンダーの連携方法やそのメリット、活用シーンなどについて紹介させていただきました。

それぞれのツールを連携させることで、ZoomからGoogleカレンダーの日程を登録できたり、GoogleカレンダーからZoomミーティングを設定できたりと、アプリの切り替えが必要なくなります。

アプリの切り替えや起動を頻繁に行っていると、それだけで手間がかかり、他の業務を圧迫してしいます。

テレワーク環境などリモートワークツールをよく利用するという現場では、連携のよるメリットは大きなものとなるでしょう。

ミーティングに関連した日程調整や情報共有もシームレスにできるはずです。

ZoomとGoogleカレンダーを利用しているという人は、ぜひツール連携による業務効率化を検討してみましょう。

最初から記事を読む

日本語の日程調整自動化サービスの決定版「Jicoo」

Jicoo(ジクー)は電話やメールでの予定調整を効率化できる日程調整を自動化する無料サービスです。

Google カレンダー、Office365予定表とカレンダー連携することにより候補日時の自動抽出が可能です。日程調整ページで確定した予定は自動登録してくれます

Zoom連携、Slack連携、ロゴの変更、メッセージのカスタマイズ、Google Analytics連携などスムーズなUXを実現する豊富な機能が魅力となっています。

また、日本語での利用はもちろんのこと、候補日から祝日をブロックする機能なども備えています。

Jicooに登録すれば全ての機能を14日間無料で利用することができるので日程調整の効率化を試すことができます。

また、クレジットカード登録は必要ありませんので、安心して利用することができます。

詳しい使い方はこちら
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら

■Jicoo利用事例

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整、カレンダー共有、Web会議をすぐに自動化し予約管理がシンプルにできる日程調整ツール・予約システムアプリです。Google Calendar、Microsoft Office、Zoom、Slack、などのアプリ連携により業務効率化を図れます。ブランディング、セミナー型予約、週表示、担当者自動割当、CSVエクスポートなど豊富な機能が魅力です。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア

スマートな日程調整を今すぐ始めてみませんか?

複数のカレンダーと連携でき、Web会議のURL発行も自動化
無料で始める

GoogleまたはMicrosoftのカレンダーをご利用の方は、こちらから簡単に登録できます!

service_image