Yentaの使い方を紹介 | 特徴、登録方法、日程調整を解説

JicooJicoo
2022年1月14日(金)
目次
  • Yentaとは
  • Yentaを使うメリット
  • Yentaの登録方法
  • Yentaの使い方
  • マッチングした相手と日程調整する方法
  •  【まとめ】Yentaを使って人の繋がりを広げよう!
  • Jicoo(ジクー)について

「知見を広げるために、新たな人の繋がりが欲しい」

「自分のやりたい仕事がわからない」

「新たなビジネスパートナーを探している」

こんな悩みや願望を持っている学生や社会人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめのサービスが「Yenta(イェンタ)」です。

Yentaは簡単に言うとマッチングサービスです。登録者の経歴(職歴)や経験からマッチする人を選び、マッチングすると実際に会って話すことができます。

今回はマッチングアプリのYentaについて、特徴やメリット、登録方法、使い方、日程調整の方法を解説します。

Yentaを使うことで人の繋がりを広げることができます。

話題の無料日程調整自動化ツール「Jicoo」-会員登録30秒|ビジネスの日程調整を自動化!

Yentaとは

Yentaは新しい人の繋がりが拡がるビジネスマッチングアプリです。

登録ユーザーは2万人を超えており、その業種は起業家や経営者、投資家、プロダクトマネージャー、エンジニア、デザイナー、研究者、弁護士、教授、国家公務員など様々です。

Yentaを使うことで、多種多様な知見に触れることができます。

さらに、この出会いから就職や転職、ビジネスの提携、一緒に新しいビジネスを始めるようなこともあるでしょう。

これまで首都圏限定でしたが、全国版がリリースされています。

Yentaを使うメリット

Yentaには次のメリットがあります。

  • 刺激的な繋がりを増やせる
  • 転職・採用が決まる
  • 受注・協業・提携が決まる
  • 起業・出資につながる

刺激的な繋がりを増やせる

Yentaではこれまでにあったことがないような人との出会いが期待できます。

学生ならば同じような価値観の人、社会人なら同じ職場や業界の人との出会いしかありません。

しかしYentaなら価値観や業種の垣根を超えて、様々な人にアプローチすることが可能です。

多種多様な世界の人との出会いは、あなたに刺激を与えてくれます。

転職・採用が決まる

Yentaを使って転職や採用が決まることもあります。

Yentaの登録ユーザーにはビジネスオーナーや採用担当者もいます

あなたにあったポジションが見つかれば働くこともでます。反対にビジネスを展開する側の人は、優秀な人材を確保できます。

受注・協業・提携が決まる

Yentaを使ってビジネスパートナーが見つかることもあります。

ビジネス関係としては受注や協業、提携など様々な方法が期待できます。関係性のある仕事をしている人とマッチングしたら積極的に声をかけることがおすすめです。

起業・出資につながる

お互いのビジョンや考え方に共感したときに、企業や出資につながることもあります。

Yentaのユーザーは起業家や投資家が多いのも特徴です。あなたに挑戦したいことがあるなら、相談してみるとおもしろい発見があるかもしれません。

Yentaの登録方法

Yentaの登録方法を解説します。Yentaはスマホアプリ専用のサービスです。

まずYentaの公式サイトにアクセスし、アプリをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、アプリを開きユーザー登録します。

Yentaの登録にはFacebook、LinkedIn、AppleIDのいずれかのアカウントで登録します。

もしアカウントがない場合は作成が必要です。今回はFacebookのアカウントでサインインしています。

アカウント作成」を選択します。

メールアドレス」を入力し、「言語」を選択したら、「保存して次へ」を選択します。

次にプロフィールを登録します。

写真」と「名前」を入力します。写真は本人の顔写真を推奨します。入力できたら「保存して次へ」を選択します。

次に社歴を登録します。

+追加」を選択します。

企業情報の入力画面が開くので、「企業名」「職種」「在籍期間」を入力し、保存を選択します。

プロフィール登録画面に戻るので、「保存して次へ」を選択します。

次に、「自己紹介」と「興味や関心がある分野」を入力します。入力したら「保存して次へ」を選択します。

登録内容に問題がないことを確認して、「Yentaの利用を開始」を選択します。

登録内容は後から変更できます。以上でYentaへの登録が完了です。

Yentaの使い方

Yentaの使い方を解説します。Yentaに登録した後は次のことを行います。

  • レコメンド
  • マッチング
  • あってみる

話題の無料日程調整自動化ツール「Jicoo」-会員登録30秒|ビジネスの日程調整を自動化!

レコメンド

毎日お昼の12時なると、AIがあなたにマッチしそうなユーザーを10人紹介してくれます。

プロフィールを設定しておくことで、自動でユーザーを紹介してくれるので、時間になるのを待つだけです。

マッチングする人を探すために、1日に何度もアプリを起動する必要がないので楽に使えます

マッチング

AIが紹介してくれた人を「興味あり」と「興味なし」に振り分けます。

ここで、「興味あり」同士になるとマッチングすることでき、メッセージが送れるようになります。

登録ユーザーは会って話すことを前提にYentaを利用しているので、マッチングしたら積極的にメッセージを送りましょう。

何を送ればいいのかわからない人のために、メッセージのテンプレートが用意されているので安心してください。

会ってみる

簡単に挨拶などのメッセージをやり取りしたら、実際に会う約束します

会うときの日程調整は簡単に設定する方法があるので次に説明します。

マッチングした相手と日程調整する方法

Yentaにはマッチングした人と会う日程を簡単に設定する方法があります。その方法を解説します。

まずマッチングした人とメッセージのやりとりをし、実際に会うのかを決めましょう。

会うことが決まったら日程調整をおこないます。

日程調整の方法は「メッセージ内で決める」と「日程調整ツールを利用する」の2種類です。

メッセージ内で決める方法を解説します。

方法は、その名の通り、メッセージのやりとりをしながら日程を決定する方法です。

まず会うことができる日程を複数提示します。相手はその中から都合が合う日程を選んでくれます。

日程は相手が選びやすいように複数提示することをおすすめします。

もう1つの方法の、日程調整ツールを使って決める方法です。チャット内にある「日程調整ツールへ」を選択して利用します。

マッチングした場合の日程調整は近日中で複数の候補を日程を提示しましょう。

相手の都合もあるので、できるだけ手間をかけずに面談の日程をセッティングできるように心がけます。

 【まとめ】Yentaを使って人の繋がりを広げよう!

Yentaを使ってマッチングした人と実際に会うことで人の繋がりを拡げることができます。

今回はYentaの使い方として次の3点を紹介しました。

  • 登録方法
  • マッチング方法
  • 日程調整の方法

マッチングアプリと聞くと恋愛をイメージする人も多いと思いますが、Yentaならビジネスで利用できます

Yentaでの出会いを通して、価値観が拡がるだけでなく、自分にあった仕事が見つかったり、ビジネスパートナーが見つかったりします。無料で利用できるので、積極的に使うことをおすすめします。

Jicoo(ジクー)について

日程調整ツールを導入すると業務効率化に多くのメリットがあります。どの日程調整ツールが良いか選択にお困りの方は、まず無料で使い始めることができサービス連携や必要に応じたデザインのカスタマイズなどの機能も十分に備わっている日程調整ツールの導入がおすすめです。

ビジネスの日程調整を自動化する「Jicoo(ジクー)」はGoogleカレンダー、Outlookカレンダーなど複数のカレンダーを接続して無料ですぐに利用を開始でき、ZoomやTeams、SlackやSalesforceなどのよく使われているサービス連携がもれなくカバーされています。また予約ページのデザインも複数のレイアウトから選択できるため使っていて楽しくなる日程調整ツールです。

JicooのWebサイトはこちら。法人・チームへの導入に関してのお問い合わせはこちらのフォームから行う事ができます。

日程調整ツールを活用した利用事例も参考にしながら自分にあった日程調整ツールを導入しましょう。

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整からWeb会議URL発行、キャンセルやリマインドなど予約管理まで、個人・法人のミーティングを効率化し自動化する日程調整ツールです。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア