Googleカレンダー・Zoomと連携。ビジネスの日程調整を自動化するツール「Jicoo」
詳細

リモートワークで成果を出すためのコツとは?必要なスキルについても解説します

Jicoo(ジクー)Jicoo(ジクー)
2021年3月30日(火)
目次
  • リモートワークは今後も定着する可能性が高い
  • リモートワークのメリットとは
  • リモートワークのデメリットとは
  • リモートワークで仕事を成功させるためのコツ
  • リモートワークでの注意点
  • リモートワークで必要なスキルとは
  • リモートワークを上手に活用しよう!

リアルな現場では成果を出せる人もリモートワークで成果を出せなくなる人も多いものです

コロナで定着したリモートワークは今後も続く可能性が高いでしょう。

リモートワークは難しいと感じる方も多いと思いますが、ちょっとしたコツをつかむことで成果を出すことができます。

当記事ではリモートワークのコツと必要なスキルについて解説します

リモートワークは今後も定着する可能性が高い     

リモートワーク コツ

コロナの影響で始まったリモートワークでありますが、企業は社員にリモートワーク用のPCやwifiを配布するなど設備投資などは既におこなわれており、今後も定着していく可能性が高いと言われています

リモートワークでは会社に出社している場合と違い、コミュニケ―ションがとりづらいなど、弊害もあります

リアルな現場では成果を出せる人も、リモートワークではなかなか成果が出せないという方も多いでしょう。

今後はリモートワークが定着していく可能性が高いため、リモートワークで成果を出すことは今後の社会人には必須のスキルです。

リモートワークのメリットとは

リモートワーク コツ

今後もリモートワークが定着する可能性が高いと言われている理由は様々なメリットがあるからです。リモートワークのメリットについて解説していきます。

ワークライフバランスがとりやすい

一つ目のメリットは通勤時間が無くなり、ワークライフバランスがとりやすいと言う点です。家庭環境にあわせて働く時間も自由に設定できるため、社員にとっても働きやすいという環境となります。

また、自由な環境に設定できるということは離職を防ぎやすいため、優秀な人材を確保することが可能です。この点は企業にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。

集中できる環境を作りやすい

二つ目のメリットは集中できる環境を作りやすいと言う点です。

会社で作業する場合は先輩や上司から様々な依頼が入りますが、自宅であれば先輩や上司からの依頼は入りにくく、自分の作業に集中しやすい環境となります。

集中して作業をおこなうことで、仕事の効率があがるため、業務効率が向上する可能性も高いといえるでしょう。

リモートワークのデメリットとは

リモートワーク コツ

様々なメリットがあるリモートワークですが、デメリットもあるため、しっかり理解しておく必要があります。

コミュニケーションがとり難い

一つ目のデメリットはコミュニケーションがとり難いと言う点です。

会社に出社している場合は、ちょっとした疑問でもすぐに周囲の人に確認することができました。しかし、リモートワークではすぐに周囲の人に聞くことができないなどコミュニケーションがとり難いため、業務に支障をきたす可能性もあります。

また、コミュニケーションがとり難いため、上司は指示が出しにくく、管理が難しいというデメリットもあります。

リモートワークのためのコストがかかる

二つ目のデメリットは企業にとってコストが増えるという点です。

リモートワークを導入するとPCやwifiを社員に配布するなどコストが増えてしまいます。リモートワーク環境では情報漏洩などのリスク対策も行う必要があるため、セキュリティ関連のコストも増えてしまうでしょう。

企業にとってコストが増えるということは仕事量の割に収益が生まれにくくなるということです。リモートワークは企業にとってコスト増につながるということは覚えておきましょう。

リモートワークで仕事を成功させるためのコツ

リモートワーク コツ

今後はリモートワークが定着する可能性が高いといわれています。

そのため、ビジネスの世界で生き残るためにはリモートワークを成功するコツを身に付ける必要があります。リモートワークを成功させるためのコツをみて行きましょう。

情報にアクセスできるインフラを整える

一つ目のコツは情報にアクセスしやすいインフラを整えることです。

会社には様々な情報が蓄積されています。しかし、情報にアクセスできなければ業務が滞る可能性があります。紙ベースで普段接するデータが保管されている場合はリモートワークをすることで仕事に支障をきたす可能性もあります。

リモートワークをするためには普段アクセスする頻度が高い情報にアクセスしやすいインフラを整えることが重要です。

コミュニケーションを円滑にするためのツールを活用する

二つ目のコツはコミュニケーションを活性化させるためのチャットや会議ツール等の活用です。

リモートワーク最大のデメリットはコミュニケーションがとりづらい点にあります。様々なツールを活用して、デメリットを打ち消すことができれば、リモートワークを成功させる可能性が高くなります。

タイムスケジュールを明確にする

三つ目のコツはタイムスケジュールを明確にすることです。

会社に出社をしている場合でもタイムスケジュールを明確にすることは重要です。しかし、リモートワークでは周りに人がいないため、他の人がどれくらいのスピードでどれくらいの仕事をこなしているかがわかりません。限られた時間で成果をだすためにはタイムスケジュールを共有して、全体での作業スピードを上げていく必要があります。

そのため、リモートワークではよりタイムスケジュールを策定することが重要となるでしょう。

リモートワークでの注意点

リモートワーク コツ

リモートワークではどのような点に注意をすればよいのでしょうか。リモートワークの注意点について解説します。

リモートワークでは一人で仕事をすることになります。集中して仕事ができるというメリットはあるものの、周囲との会話は無く孤独になりやすいという状況になります。リモートワークをする際は孤独感を感じないために家族や友人との会話を意識的におこなうようにしましょう。

リモートワークでは自由に時間を設定できるというメリットがあるため、働きすぎにも注意する必要があります

物理的に家では仕事ができない環境では、会社を離れることで強制的に仕事から離れることができましたが、自宅でも仕事をできる環境ではついつい残った仕事が気になって、仕事をしてしまうこともあるでしょう。

リモートワークをする際は働きすぎにならないように仕事とプライベートをしっかり分けるように意識するとようにする必要があります。また、上司も部下が働き過ぎにならないように注意して確認しておく必要があります。

リモートワークで必要なスキルとは

リモートワーク コツ

リモートワークではこれまで以上に大切となるスキルがあります。リモートワーク環境下で大切となる二つのスキルについて解説します。

文章を書くスキル

一つ目は文章を書くスキルです

リモートワーク環境下では会話だけでなく、文字でのコミュニケーションが多くあります。ちょっとしたことでもチャットなどの文字で伝える必要がある為、文字を書くライティング技術が仕事の成否を分けることになります。

文字で正確にコミュニケーションをとるためのライティング技術は今後ますます重要となってくるでしょう。

課題を発見し解決するスキル

二つ目は課題を発見し、主体的に業務を組み立てるスキルです。

リモートワーク環境下では上司が近くにいないことも多く指示待ちではなかなか仕事が進みません。リモートワーク環境では自ら課題を発見し、業務を組み立てることができなければ会社に貢献することができません。

指示待ちから脱却し、主体性を磨く必要性が高まるでしょう。

リモートワークを上手に活用しよう!

リモートワーク コツ

リモートワークを活用することで、仕事の成果もあがり、プライベートも充実させることができます。しかし、リモートワークではなかなか成果が出せないと言う方も少なからず存在します。

リモートワークは今後も定着する可能性が高くリモートワークを有効に活用することは今後の社会生活において必須スキルといえるでしょう。

リモートワーク環境下で不要な人材とならないために、環境の変化に対応できるスキルを身に付ける必要があります

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整、カレンダー共有、Web会議をすぐに自動化し予約管理がシンプルにできる日程調整ツール・予約システムアプリです。Google Calendar、Microsoft Office、Zoom、Slack、などのアプリ連携により業務効率化を図れます。ブランディング、セミナー型予約、週表示、担当者自動割当、CSVエクスポートなど豊富な機能が魅力です。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア

スマートな日程調整を今すぐ始めてみませんか?

複数のカレンダーと連携でき、Web会議のURL発行も自動化
無料で始める

GoogleまたはMicrosoftのカレンダーをご利用の方は、こちらから簡単に登録できます!

service_image