リモートワークでの勤怠管理の課題とは?勤怠管理のコツとツールを紹介

JicooJicoo
2022年1月17日(月)
目次
  • リモートワーク環境下での勤怠管理の課題
  • Jicoo(ジクー)について

リモートワークでは対面での出勤確認やタイムカードの利用ができないため、勤怠管理に苦労すると思います

リモートワーク時の勤怠管理の仕組みをしっかり作らないと勤務時間や人事評価があいまいとなってしまいます。

しかし、勤怠管理ツールを利用すれば、勤務時間や勤務状況を正確に把握できるようになり、人事評価も適切におこなうことが可能です。

そこで本記事では、リモートワークでの勤怠管理に悩んでいる方向けに勤怠管理ツールの主要な機能を説明するとともにおすすめのツールを厳選して紹介していきます。

話題の無料日程調整自動化ツール「Jicoo」-会員登録30秒|ビジネスの日程調整を自動化!

リモートワーク環境下での勤怠管理の課題

本章では、リモートワーク環境下での勤怠管理によくある課題について説明していきます。

労働時間を算出することが困難

リモートワークでは、オフィス内で働いていないために対面で働いている姿をチェックできず、始業と終業の正確な時間を算出することが困難です。

勤務時間を全て社員の自己申告としてしまうと、社員は稼働していないのに勤務時間としたり、無駄に残業時間を多めにつけたりする可能性があります。

人事評価が難しくなる

リモートワークだと勤務時間や勤務状況を対面で把握できず、どのような働き方をしているのかわかりにくいので、人事上の評価もしにくくなります

リモートワークであっても、営業やエンジニア、デザイナーのような成果が明確な職種なら評価をしやすいのですが、そうでなければ人事評価基準の設定は難しいです。

コミュニケーションがとりにくい

社員の管理やその他業務上の情報共有、相談などはできるだけ対面でおこなったほうがコミュニケーションは活発となり、プロジェクトの進行もスムーズになりますが、リモートワークだと口頭での指示・確認ができないので、コミュニケーションは不足することが多い

勤怠管理としても勤務時間や勤務状況を確認するために電話やメールをしていると時間がかかってしまうという問題がおこりえます。

勤怠管理業務が負担増とならないような仕組み作りが大事です

続きを読む

Jicoo(ジクー)について

日程調整ツールを導入すると業務効率化に多くのメリットがあります。どの日程調整ツールが良いか選択にお困りの方は、まず無料で使い始めることができサービス連携や必要に応じたデザインのカスタマイズなどの機能も十分に備わっている日程調整ツールの導入がおすすめです。

ビジネスの日程調整を自動化する「Jicoo(ジクー)」はGoogleカレンダー、Outlookカレンダーなど複数のカレンダーを接続して無料ですぐに利用を開始でき、ZoomやTeams、SlackやSalesforceなどのよく使われているサービス連携がもれなくカバーされています。また予約ページのデザインも複数のレイアウトから選択できるため使っていて楽しくなる日程調整ツールです。

JicooのWebサイトはこちら。法人・チームへの導入に関してのお問い合わせはこちらのフォームから行う事ができます。

日程調整ツールを活用した利用事例も参考にしながら自分にあった日程調整ツールを導入しましょう。

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整からWeb会議URL発行、キャンセルやリマインドなど予約管理まで、個人・法人のミーティングを効率化し自動化する日程調整ツールです。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア