Googleカレンダー・Zoomと連携。ビジネスの日程調整を自動化するツール「Jicoo」
詳細

GoogleカレンダーとSlackの活用シーンとは?TimeTreeとの比較・メリットを解説

Jicoo(ジクー)Jicoo(ジクー)
2021年11月8日(月)
目次
  • 連携したGoogleカレンダーとSlackの活用シーン
  • GoogleカレンダーとTimeTreeの比較
  • まとめ

連携したGoogleカレンダーとSlackの活用シーン

本章では、GoogleカレンダーとSlackを連携するとどのように活用できるのかご紹介いたします。

作業を効率化できるものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

SlackにてGoogleカレンダーの予定作成

SlackとGoogleカレンダーを連携させると、Slack上にて登録した予定をGoogleカレンダー上の予定を同期させることができます。

イベント作成時にGoogleカレンダーを起動させたり、アプリを切り替えたりする必要がなくなります。

日々の業務でイベント作成をすることが多い人なら作業効率は大きく向上するでしょう。

予定が近づいたらSlackで通知

予定していたイベントの日時が近づいてきたらSlackからメンバーへ通知を送ることができます。

イベント直前になってから1人1人のメンバーにチャットやメールなどで知らせる必要がなくなって便利です。

特にメンバーが多いチームにてテレワークを実施している場合などには、ぜひ利用したい機能と言えます。

Slackから予定の招待・変更の通知

Slackからはイベント直前の通知以外にも、イベントの招待や変更、キャンセルなどの通知も送ることができます。

テレワーク環境だと口頭で伝えることができず、チャットやメールの使用頻度が高くなっているかと思います。

イベントの開催について毎回チャットやメールで連絡するのも大変なので、こうした通知機能をうまく活用し、コミュニケーションの負担が減らしましょう。

コマンドで予定確認

Slack上にて特定のコマンドを打つことにより、Slackのチャット画面にGoogleカレンダー上の予定を表示させることができます。

自分の日程を気軽に確認できるのはもちろんのこと、Slackのチャンネル内におけるメンバーに対しても自分の日程をすぐに伝えることが可能です。

メンバー間で日程の確認・調整を頻繁におこなうならコマンドでの予定確認機能をぜひ利用してみてください

GoogleカレンダーとTimeTreeの比較

GoogleカレンダーとTimeTreeを比較すると以下の通りです。

GoogleカレンダーTimeTree
料金無料無料
利用環境Web・アプリWeb・アプリ
スケジュール共有
リマインダー
ToDo機能
メールからの自動登録〇(Gmailから可能)×
チャット機能×

GoogleカレンダーとTimeTreeは共に人気のカレンダーツールとして有名で、利用しているという人は多いのではないでしょうか。

どちらも料金は無料で、Web版・アプリ版があり、いろんな環境にて導入がしやすいツールとなってます。

また、スケジュール共有やリマインダー、ToDoなどのカレンダーツールに欲しい基本機能も備えています。

このようにGoogleカレンダーとTimeTreeは両方ともカレンダーツールとして優秀ですが、独自の機能や強みがあるので、それぞれのツールを利用するメリットについて把握しておきましょう。

Googleカレンダーを利用するメリット

GoogleカレンダーはGoogleアカウントされあれば、パソコンやスマホなど様々なデバイスから利用しやすいというのがメリットです。

カレンダーを共有したい相手がGoogleアカウントを持っていれば、簡単に共有できます。Googleアカウントを持っている人は多いので、共有作業もスムーズに進むでしょう。

加えて、Gmailと連携させれば、メールへ届いた予定を自動的にカレンダーにも登録するという独自の機能も有します。

Googleカレンダー自体がメジャーなカレンダーツールということもあり、連携できる他社のツールが多いというのも大きな強みです。

TimeTreeを利用するメリット

TimeTreeは人気のカレンダーアプリであり、テレビCMでも流れているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

スケジュールの共有機能が優れており、特定のグループ単位にて日程を細かく共有できます。

また、特定の予定だけを共有することもできるので、非公開にしたい予定の管理に最適。

家族や友人、特定の職場メンバーなど、親しい間柄や限定されたメンバー間で利用しやすいでしょう。

加えて、アプリ内にチャット機能も備えており、別途チャットツールやメールを使うことなく、スケジュールに関するやり取りをTimeTree内で完結できるというのも大きなメリットです。

まとめ

GoogleカレンダーとSlackは人気のリモートワークツールで、日々よく利用するという人も多いかと思います。

それぞれ業務効率化させてくれるツールですが、連携させてより一層効率的に利用することをおすすめします。

特にテレワークに移行した人やこれからテレワークを導入する人などは、常時ツールを利用することが多くなり、連携させるだけでも作業効率はかなり向上するでしょう。

ご紹介したようにGoogleカレンダーとSlackの連携は難しくありません。

GoogleカレンダーとSlackの両方を使っているが、もっと作業の無駄をなくしたいという人は連携を試してみましょう

最初から記事を読む

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整、カレンダー共有、Web会議をすぐに自動化し予約管理がシンプルにできる日程調整ツール・予約システムアプリです。Google Calendar、Microsoft Office、Zoom、Slack、などのアプリ連携により業務効率化を図れます。ブランディング、セミナー型予約、週表示、担当者自動割当、CSVエクスポートなど豊富な機能が魅力です。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLINEでシェアPocketでシェアはてなブックマークでシェアLinkedInでシェア

スマートな日程調整を今すぐ始めてみませんか?

複数のカレンダーと連携でき、Web会議のURL発行も自動化
無料で始める

GoogleまたはMicrosoftのカレンダーをご利用の方は、こちらから簡単に登録できます!

service_image