Googleカレンダーの予定をLINEで通知する方法!予定忘れでお悩みの方必見

JicooJicoo
2022年6月17日(金)
目次
  • LINEの連携機能「LINE Notify」について解説
  • LINEとGoogleカレンダーの連携方法
  • LINEとGoogleカレンダー連携の活用事例
  • 他の通知サービスとの比較
  • まとめ
  • Jicoo(ジクー)について

手帳やカレンダーには予定を入れたのに当日になって、予定が入っていることを忘れてしまった経験はないでしょうか。

予約が必要な予定ですと、また予約するのは手間がかかって大変ですよね。

そのような予定忘れでお悩みの方におすすめのツールがあります。

それがIFTTTというWebサービスを使用したLINEとGoogleカレンダーの連携による通知です。

このサービスを利用すればGoogleカレンダーの予定をLINEに通知することができ予定のリマインドなどに活用することができます。

Googleカレンダーの予定をLINEで通知する方法はいくつかありますが、今回はプログラミングの知識を必要とせず、簡単に設定できるIFTTTを使用した方法をご紹介させていただきます。

LINEの連携機能「LINE Notify」について解説

LINE Notifyとは

LINE以外のWebサービスと連携し、連携したWebサービスの通知をLINEで受信することができるLINEの機能です。

LINE NotifyはLINE登録者であれば、誰でも無料で利用することができます。

Googleカレンダーとも連携可能で、予定をLINEで通知できる

LINE Notifyは「IFTTT」というWebサービスを活用すれば、 Googleカレンダーと連携することができます。

IFTTTとは

LINEやGoogleカレンダー・Twitterなど、さまざまなWebサービスを連携させるサービスです。

機能としては、「もし(WebサービスAで)~ならば、(WebサービスBで)~する」といった条件をプログラミングなしで、設定することができます。

例えば、LINEとGoogleカレンダーの連携ですと、Googleカレンダーで入れている予定の数時間前にLINEで通知するという設定をすることが可能です。

*IFTTTは有料版もありますが、LINEとGoogleカレンダーを連携させるだけであれば、無料版で対応できます。

LINEとGoogleカレンダーの連携方法

IFTTTの登録

無料で始める」をクリックします。

*キャプチャは英文のサイトを日本語にGoogle翻訳しております。

今回は電子メールで登録する方法をご紹介させていただきますので、「サインアップ」をクリックします。

アドレスと任意のパスワードを入力すれば、IFTTTの登録は完了です。

LINEとGoogleカレンダーの連携設定方法

LINEとGoogleカレンダーを連携させるためにIFTTTで連携設定を行います。

連携設定のことをIFTTTではアプレットと呼びます。
ここからはアプレットの作成方法をご紹介します。

ログイン後の画面からアプレットを作成するため、「作成」をクリックします。

アプレットのトリガーにGoogleカレンダーを設定するため、「これなら」をクリックします。

テキストバーにGoogleと入力し、「Googleカレンダー」を選択します。

Googleカレンダーに入れた予定の前に通知させるため、「すべてのイベントが始まります」をクリックします。

接続」をクリックします。

接続するGoogleアカウントを選択します。

許可」をクリックします。

LINEへ予定の何時間前に通知するかを設定し、「Create trigger」をクリックします。

LINEへの通知は、最大で予定の4時間前に通知することができます。

アクションにLINEへの通知を設定するために、「それから」をクリックします。

テキストバーにLINEと入力し、「LINE」をクリックします。

メッセージを送る」をクリックします。

接続」をクリックします。

LINEで登録しているご自身の「メールアドレス」、「パスワード」を入力します。

入力すると本人確認のため、4桁の認証番号が発行されますので、LINEにて認証番号の入力をし、本人確認をおこないます。

同意して連携する」をクリックします。

ここで連携が完了すると、LINEの公式アカウントであるLINE Notifyが友だちに追加されます。

Create action」をクリックします。

継続する」をクリックします。

「アプレットのタイトル」を編集し、「終了」をクリックすれば、アプレットの作成完了です。

以後、設定した内容通りにGoogleカレンダーの予定がLINEで通知されるようになります。

LINEとGoogleカレンダー連携の活用事例

1日の予定をLINEで通知

Googleカレンダーに入れた予定が、LINEでも通知されるので、1日の予定をLINEのLINE Notifyとのトーク上で確認することができます。

楽しみではないけど生活に必要な予定の通知

ついつい忘れがちな病院、整骨院、歯医者や車検など、楽しみでないけれども予約が必要で、逃すと代償が大きい予定のリマインドとしても活用することができます。

メールなどの通知方法ですと、埋もれてしまい確認不足になりがちですが、確認頻度が高いLINEでしたら、見逃す可能性を低くすることができます。

期間限定ポイントもGoogleカレンダーに入れておけば、リマインドできる

有効期限があるポイントもGoogleカレンダーにポイント失効日に関する予定を入れておけば、使い忘れを防止することもできます。

他の通知サービスとの比較

Googleカレンダーの予定通知機能

Googleカレンダーでも、通知を行うことは可能です。

IFTTTを使用したLINEでの通知とおおよそ同じように通知をおこなうことができます。

違いとしては、「LINEのトーク上で通知内容を見返すことができる」という部分です。

Googleカレンダーの通知もONのままにしておけば、LINE同様に簡単に予定確認できますが、確認後通知が切れてしまいますと再びGoogleカレンダーから予定を確認しなければなりません。

LINEですと通知を確認したあと、また予定を確認したくなった時にLINE Notifyとのトーク上で確認し直すことができるため、予定の再確認も簡単です。

Appleリマインダー

Appleにはリマインダーという純正アプリがあります。

こちらのアプリも日付と予定をリマインダーに入れておけば、予定の前に通知させることができますが、カレンダー上で予定を確認できないため、スケジュール管理ツールとしては不向きです。

リマインダーは、タスクの管理に特化しているので、GoogleカレンダーやLINEの通知と使い分けることをおすすめします。

まとめ

GoogleカレンダーはIFTTTというサービスを使用し、LINEと連携することによって、利便性を上げることができます。

通知が来ていたのに、重要ではないと思い込みよく確認せず、うっかり予定を忘れてしまったという方もLINEで通知が来るようになれば、注意力が上がり予定忘れも減るのではないでしょうか。

IFTTTを使用すれば、プログラミングを必要とせず、簡単にGoogleカレンダーの予定をLINEに通知する設定ができますので、予定忘れでお困りの方は、ぜひとも設定されることをおすすめします。

Jicoo(ジクー)について

日程調整ツールを導入すると業務効率化に多くのメリットがあります。どの日程調整ツールが良いか選択にお困りの方は、まず無料で使い始めることができサービス連携や必要に応じたデザインのカスタマイズなどの機能も十分に備わっている日程調整ツールの導入がおすすめです。

ビジネスの日程調整を自動化する「Jicoo(ジクー)」はGoogleカレンダー、Outlookカレンダーなど複数のカレンダーを接続して無料ですぐに利用を開始でき、ZoomやTeams、SlackやSalesforceなどのよく使われているサービス連携がもれなくカバーされています。また予約ページのデザインも複数のレイアウトから選択できるため使っていて楽しくなる日程調整ツールです。

JicooのWebサイトはこちら。法人・チームへの導入に関してのお問い合わせはこちらのフォームから行う事ができます。

日程調整ツールを活用した利用事例も参考にしながら自分にあった日程調整ツールを導入しましょう。

チームで使える無料の日程調整自動化ツール「Jicoo」とは?

Jicoo(ジクー)は日程調整からWeb会議URL発行、キャンセルやリマインドなど予約管理まで、個人・法人のミーティングを効率化し自動化する日程調整ツールです。
法人・チーム利用のお問い合わせはこちら
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア
シェア
FacebookでシェアTwitterでシェアLinkedInでシェア